新型コロナについて

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止、またお客様にできる限り安心安全にツアーにご参加していただくため、フィリピン・セブ島においての現地の反応や様子について情報と当社の取り組み、対応状況をお伝えいたします。


フィリピンの感染者情報

フィリピンの保健省の発表によると、フィリピンにおける新型コロナウイルスの感染者は2名おり、マニラの施設に隔離されております。
2月には3名の感染者が発見されましたが、中国人男性1人が死亡、2人は完治している状況です。


フィリピン政府の対策

フィリピンでは国内での感染拡大を防ぐために、中国人、一部韓国からの入国させない徹底した水際対策を敷いており、新型コロナウイルスに関するフィリピンの初動は、世界各国と比べても早く、厳しい対応、対策をしています。


機内は安全?

日本からフィリピン、セブ島への航空機内の対応、取り組みについて

各航空会社の案内のある通り、機内の空気は、常に機外から新しい空気を取り入れ機内で循環させ、その後、機外へ排出することにより、すべて入れ替え清潔な空気を保つ仕組みになっています。その他の取り組み等、詳細は利用航空会社のホームページでご確認いただけます。


当社タビセブの対応と取り組み

  • ツアーに使用する車両内を随時アルコールを用いて消毒
  • ガイドがアルコール消毒を常備
  • 移動中、車両内を常に清潔な空気を保つよう小まめな換気
  • お客様の使用するシュノーケルマスクの消毒
  • 以上を取り組み徹底し、お客様に安心してツアーにご参加していただけるようにしております。


    お客様へのお願い

    手洗いやアルコール消毒、咳エチケットは、感染症予防の基本となります。
    ツアーご参加の皆様におかれましては、ご自身での感染予防のご協力をお願いいたします。