タビセブで行く”ヒルトゥガンアイランドツアー”体験レビューと3大魅力!

タビセブで行く”ヒルトゥガンアイランドツアー”体験レビューと3大魅力!

更新:2019年6月29日

セブに旅行するとなったときに、まずみなさんが「やってみたい!」と思うのは何でしょうか?

シュノーケリングで魚を見て楽しむ!

青い海や白い砂浜を見てうっとりする!

何もない島でのんびりする^^

これら全てを1日で満喫できるツアーがあります!

それが、ヒルトゥガンアイランドホッピングツアーです。

今回は、タビセブのメンバーでツアーを体験してきました!
楽しんだ感想を、熱々のままお届けします!!

※タビセブのアイランドツアーは、親切丁寧な日本人オーナーが運営するアクアマリンオーシャンズで催行いたします。

セブのヒルテュガン島とは

画像のタイトル

ヒルトゥガン島は、マクタンの港から船で30分くらいのところにあります。

周りの海は海洋保護区に指定されているということもあり、とっても綺麗!

シュノーケリング、ダイビングスポットとして、人気のある場所です。

セブのヒルトゥガン島ツアーの流れ

タビセブのアイランドツアーの流れについてご紹介します。

9:00 ホテル出発(マクタン島の場合)

基本的に、車で迎えに来てもらえます。
※セブ市内のホテルであれば8時集合。場所により異なることがあります。

マクタン島のホテルへ宿泊の場合は送迎代無料。
セブ市内の場合は、場所と参加人数により送迎料金がかかります。

アイランドツアー受付へ到着

画像のタイトル

現地へ到着したら、必要事項の記入をしてアイランドツアーの準備をします。

水着はあらかじめ着ておくと安心。

そのほか、貴重品を預けたり、日本人ガイドからツアーの注意事項を聞いたりします。

9:30 バナナボート体験

画像のタイトル

まずはじめに、バナナボートの体験をします。

大きなバナナボートに乗り、マクタン島を見ながらスピーディーな感覚を楽しみます。

振り落とされるほどのスピードはないので、安心です。

冷たい水しぶきがジャンジャンかかる!
これこそがバナナボートの醍醐味!

10:00 ヒルトゥガン島へ向けて出発

いよいよ、ヒルトゥガン島に向けて出発です。

船は30人ほど乗れそうな大きさ。

これに乗って30分ほどかけてシュノーケリングスポットまで移動します。

30分に離島へ行けるのはとっても便利。

海を見ていたらあっという間に到着します。

11:00 ヒルトゥガン島周辺の海岸保護区でシュノーケリング

日本人スタッフによるシュノーケリングの説明を受けたら、いよいよ海で泳ぎます。
ヒルトゥガン島ツアーの目玉の一つであるのがシュノーケリングです。

船から下を見下ろすだけで、魚が泳ぐのが見えるような透き通った海。

そこで、魚たちにあらかじめ用意してあるパンを餌付けすることができるんです。

魚が寄ってくるのでとても楽しいですよ。

魚以外にもサンゴ礁も見応えがあります。

たった30分船に乗るだけでこんなに楽しくシュノーケリングできるなら、参加しない手はありません。

12:00 ヒルトゥガン島へ上陸しランチ

会場レストラン

シュノーケリングが終わってお腹がすいたらランチタイム!

港からよく見える海上レストランでランチをいただきます。

“らんち”

無料でソフトドリンクが1本無料の他、マンゴーシェイクやビールなどをオーダーすることも可能です。

青い海を見ながらのランチは格別!

13:00 ヒルトゥガン島のホワイトビーチへ行き自由時間

島散策

ランチが終わったら、ヒルトゥガン島の中を歩いてホワイトビーチへ向かいます。

島の人たちの集落を見ると、自然に囲まれた生活をしていることが分かります。

集落

日本に住む私たちとも、セブ市内のフィリピン人とも異なった生活をしているヒルトゥガン島の人々。

ものは少ないながらも、地域の人同士で助け合いながら生活している姿を垣間見るのは、島に上陸できるこのアイランドツアーならではの体験です。

ビーチサイドには小さなバーがあります。

“ココナッツ”

ここでサービスしてもらえるココナッツジュースを飲むのもよし、ビールやカクテルを飲むのもよし。

心ゆくまでのんびりと過ごせます。

そして、ビーチには白い橋もありますので、インスタ映えする写真も撮れます。

また、マーメイドフォト撮影やスタンドアップパドル(SUP)体験も可能です。

14:30 ヒルトゥガン島を出発し、港へ

帰り

ビーチでゆっくりしたあとは、船にもどりマクタンへ帰ります。

遊びすぎて疲れていると、心地よい海風を浴びながらちょっとウトウトお昼寝してしまいます。

帰りは潮の流れで行きよりちょっと時間がかかりますが、それでも40分くらい。

お昼寝しているとあっという間に港へ到着です!

タオル等を返却し、おみやげのマンゴージュースをもらったらツアー終了(15:00頃)。

そのあとは、他のアクティビティーに挑戦したり、近くのビーチやプールで遊んで帰りましょう。

シャワーと更衣室完備のため、さっぱり着替えて帰れます。

帰りたい時間に合わせてホテルまで送ってもらえるのも嬉しいポイントです。

セブのヒルトゥガン島ツアー3つの魅力

いいところ

ヒルトゥガン島でアイランドホッピングする方法は大きく分けて2つあります。

  1. 自分たちで船を手配して行く
  2. ツアーへ参加する

船を手配するためには、地元の人と値段交渉をする必要があります。英語や現地語、相場を知らないと自分で手配するのは難しいですので、観光客の方はツアー参加が1番です。

ツアーと言っても会社はいくつかありますが、タビセブのアイランドツアーへ参加するメリットは次の3つです。

1.アイランドツアーの穴場であるヒルトゥガン島でゆったり過ごせる

セブの観光の目玉といえば、ジンベイザメツアーとアイランドホッピング。

アイランドホッピングツアーの中には、シュノーケリングスポットや離島を2〜3箇所回るものもあります。滞在場所が多いツアーはいろいろなところを見られてお得な気がしますが、1ヶ所あたりの滞在時間が短くなります。

一方、タビセブでのアイランドツアーで行く島はヒルトゥガン島のみ。

1つの島の周りでシュノーケリングし、食事をし、島に上陸してビーチで過ごすこともできるこのツアーは、本当にゆったりできます。

観光客が少ない島なのでビーチは空いており「写真の背景に知らない人が映る」ということもあまりありません(シーズンにもよります)。

冒頭でお伝えしたように、マクタンの港からの移動時間も30分ほどです。

移動が短い分、自分がやりたいことに時間を使えますので有意義な1日を過ごせます。

アクティブにシュノーケリングしたい学生さんというよりは、

  • 日本の忙しい生活を忘れてのんびりしたい方
  • マイペースなカップルや家族連れ

におすすめです。

2.たった1日でヒルトゥガン島周辺で様々なアクティビティーを体験できる

観光でセブに来られる方は、だいたい2〜3日滞在という場合が多いです。

そうなると、限られた時間でさまざまな経験をしたいですよね。

タビセブのアイランドツアーでは、

  • バナナボート
  • シュノーケリング
  • 海上レストランでのランチ
  • 島の散策
  • ホワイトビーチでのんびり
  • 希望があればツアー後に他のアクティビティー(別料金)

といった内容が楽しめます。

限りある時間を有効活用したい方にはもってこいです!

3.日本人ガイドがヒルトゥガン島へ同行してくれるため、安心

説明

海外旅行だと言葉や治安の面が心配という方もおられますが、このツアーは日本人スタッフが島まで引率してくれるので安心感があります。

シュノーケリング中も近くで見守ってくれますし、言葉の問題で困ったときも助けてくれます。

初めての海外旅行、お子様連れの方も安心して参加できるでしょう。

4.ヒルトゥガンアイランドツアー その他のメリット

その他、ツアーの魅力はこちらです。

  • 受付に現金を預けられるため、ツアー中に財布を持ち歩く必要がない(現地での飲み物代などは、ツアー最後に受付で清算となります)
  • タオルの貸し出し、シャワーやプール利用ができる
  • ランチのソフトドリンク、ツアー後のマンゴージュースなどうれしいサービス付き
  • 両替所、売店などあり、観光で必要なものが手に入りやすい
  • 日本人スタッフはもちろん、フィリピン人スタッフも簡単な日本語を話せ、フレンドリー

セブのヒルトゥガン島ツアーは1日で満足度120%のツアー!

ヤシの木の下ふたり

タビセブのヒルトゥガンアイランドツアーは、1日で満足度がとても高いツアーです。

特に、

  • 観光客の少ないヒルトゥガン島でのんびりできる
  • アクティビティーが豊富
  • 日本人スタッフがいる

という点が魅力的。

セブ旅行でアイランドホッピングしたいけどどこにしようか迷ってらっしゃる方には、圧倒的におすすめです!

限りあるセブ旅行を思う存分楽しむために、ぜひタビセブのアイランドツアーへ参加してみてください^^

お申し込みはこちら↓↓

お申込みフォーム


お申し込みへ >>>

※申し込みコースは、1番上に記載の「人気NO.1 アイランドツアー&バナナボート」を選択してください。